チップ31枚を元手に資金を増やす2連勝法(31法)

この2連勝法は約1/2の勝率のバカラやクラップス。
そしてルーレットなどに使える方法です。

「2連勝法」という名の通り、
2連勝することによって利益を出す攻略法です。

どこでも1勝したら賭け金含めた払戻金全てを次の勝負に賭け、
それまでの負け分を補填しつつ利益を出すことができます。

また2連勝法は別名「31法」とも呼ばれていて、
最大で負けても31単位分の資金を失うだけです。

例えば1単位を1ドルと設定すれば31ドルが
1セッションで用いる資金となります。

1/2の勝率のゲームを対象としているので2連勝は意外と簡単だし、

失敗した場合の損失額があらかじめ分かっているので
資金を無駄に食い潰すことがありません。

だからバンクロールを意識し始めたプレイヤーにはうってつけ。
早速2連勝法のルールを見てみましょう。

2連勝法のベットルール

まず1単位の金額を決めましょう。

2連勝法の最大負け額は31単位です。
なのであなたのカジノ資金と相談して適正な金額を設定してください。

では具体的な方法を紹介します。

ベットサイズには次のような「段階」があります。

第1段階 1 1 1
第2段階 2 2
第3段階 4 4
第4段階 8 8

全て足すと「31」になります。

31単位を9回の勝負に分けて、
段階的にベットサイズを上げていくのです。

これらのベットを下記2点のルールに従って賭けます。

  • どこかで2連勝したら終了し、リセットする。
  • 負けた場合右となりの単位に移行。
    右隣にユニットが無い場合は次の段階に進みます。

2連勝法(31法)収支テーブル

上記の例では第2段階のはじめの”2″単位を賭けた時に連勝しています。
説明のようにそれまでの負け分を補填して、3単位分の勝ちを得ていますね。


31法のメリット、デメリット

この31法がとても簡単だということがお分かりいただけたと思います。

初心者にとっても簡単で十分実践可能なベットシステムの
一つですが、

  • 欲を抑え、コツコツ勝つ
  • バンクロールを意識できる

というカジノで勝つための要素が詰まったシステムベットです。

この方法で自己資金をコントロールすれば
大負けすることもないので、

このようなシステムベットを参考にあなた自身の
カジノ攻略を練ってみてくださいネ。

次回は上級者向けのシステムベットであるモンテカルロ法を
紹介します。

このページの先頭へ