ビデオポーカーの基本的なルールと遊び方

カジノで最も勝ちやすいゲームの一つであるビデオポーカー。

ここではビデオポーカーのルールを紹介していきます。


ビデオポーカーの種類

ビデオポーカーには大きく3種類の機種があります。

見た目はほぼ同じなのですがワイルドカードの有無や枚数が異なり、
ハンド(役)の配当も大きく異なってきます。

なのでプレイする前にしっかりと機種を分別しましょう。


ジャックスオアベター
最もポピュラーなビデオポーカーです。
皆さんが一番よく知っているビデオポーカーではないでしょうか。

このジャックスオアベターは「フルペイ」の機種で
最適な戦略でプレイすることによってバカラなどよりもハウスエッジの低い
とても「勝ちやすい」カジノゲームとなります。

次のページでジャックスオアベターの最適戦略を紹介していますので、
覚えてからカジノでプレイしてみてください。

ジャックスオアベター



デュースワイルド
「2」がワイルドカードとなるビデオポーカーです。

デュースワイルドは「フルペイ」の機種であればジャックスオアベターよりも
勝てるビデオポーカーです。

基本的な戦略を使うことによりなんとハウスエッジがマイナスとなり、
我々が優位に立てる希少なカジノゲームなのです。

本サイトでも最適な戦略を紹介しているのでデュースワイルドを
見つけたら是非プレイしてみて欲しいと思います。

デュースワイルド



ジョーカーポーカー
ジョーカーが含まれワイルドカードとなるビデオポーカーです。

ジョーカーが1枚含まれるだけでフォーカードがバンバン出ます。
プログレッシブ機能を搭載した機種も多くあるのが特徴です。

ジョーカーポーカー


ビデオポーカーの基本ルール

標準的なビデオポーカーのルールは次の通りです。

  1. 標準的なビデオポーカーゲームは52枚のカードを1デッキ(Deck)でプレイされます。
    機種に「Joker Poker」というような名前が付いている場合1枚以上のジョーカーが含まれます。
  2. ベット後に「Deal(ディール)」ボタンを押すとランダムに52枚のデッキの中から5枚のカードを配ります。
  3. WS000025

  4. プレイヤーはハンド(役、Hand)を作るために残すカードを選択します。
  5. ルール説明

  6. 残りのデッキからランダムに選択されたカードが新たに配られます。
  7. ハンドが出来た場合は払戻し表に従って配当が支払われます。
  8. 払戻し表


ダブルアップはやる?やらない?

ほとんどのビデオポーカーについているダブルアップ機能。
ダブルアップ



これはやるべきか?やらないべきか?

悩むところかもしれませんが、

正解は「どちらでもいい」です。

このダブルアップゲームにハウスエッジは存在しません。

つまり完全に50%50%のゲームだということ。

一つの考え方としてはこのダブルアップゲームで賞金を
失うよりも戦略が明確な通常のゲームにつぎ込んだ方が
良いと私は考えます。


マルチハンド機能は得か損か?

マルチハンド機能が付いたビデオポーカーがあります。

これは3~100のハンドを一気にプレイすることが
できる機能です。

<4ハンドのジャックスオアベター>
ジャックスオアベター(4ハンド)


<50ハンドのジャックスオアベター>
ジャックスオアベター(50ハンド)


しかしハンド数が変わってもハウスエッジに全く影響しません。

なのでこのマルチハンド機能についても
あなたのお好みで選択してみてください^^


 ⇒ 50ハンドのビデオポーカーがあるカジノ

次回はジャックスオアベタービデオポーカーのセオリー(基本戦略)について
紹介していきます。

このページの先頭へ