ルーレット|少ないチップでより多くの番号に賭ける方法

さて今回はお待ちかねの、

少ないチップでより多くの番号に賭けるチップの並べ方

を紹介していきます。

基本的に使うチップは6枚です。

でも5枚にしても同様に広い範囲をカバーすることができますので、
下記の賭け方に慣れたら是非試してみてください。

24箇所に賭ける方法

これはスプリットベットで利益を取りに行く方法です。

ルーレットチップ6枚で24箇所

スプリットベットで当たると12単位の利益となります。
ファースト5で1単位、ストリートで6単位、
ラインベットで収支ゼロとなります。

スプリットベットの場所を狙いすまして賭けましょう。


26箇所賭け

ストリートベットで6単位の利益をとりに行く方法です。
ファースト5で1単位、ラインベットで収支ゼロとなります。

ルーレットチップ6枚で26箇所

余り「パッ」としない賭け方ですが・・・(汗)

それでもこのページで紹介している賭け方はどれも
基本は「ストリートベット」と「ラインベット」です。

賭け金を守りながら利益をコツコツと積み上げていくには、
基本的なベット方法なのでしっかり使ってあげてくださいネ^^


32箇所賭け

ラインベットでの当たりでは収益ゼロなので
これもスプリットベットの場所が勝負の分かれ目。

ルーレットチップ6枚で32箇所

スプリットベットが当たった時のみ12単位の利益となります。

「ハズレ」は6箇所だけですので、ほとんど当たります^^
しかしスプリットが出なければ全く資金が伸びないベット配置です。

いかがでしたでしょうか?

ここでは主にラインベットで損失を防ぎ、
スプリットとストリートベットで利益を取るような方法を
3パターン紹介しました。

以前紹介した攻撃的な4分割のベット方法に対して
守備的なベット方法と言えるのではないかと思います。

でもベットの置き方の自由度が高く、

ラインとストリートの割合を変えたり、
同じ場所に賭けるチップの枚数を変えたり、
スプリットの場所をふやしたりと、

組合せはあなた次第。

ルーレットを楽しみたい方や初心者の方にも
うってつけの方法だと思いますので下記のカジノサイトで
お試しくださいネ。

私が良く使う「無料」カジノサイトです。

このページの先頭へ