バカラ|初心者でもわかりやすいゲーム進行と精算

今回はバカラの実際のゲーム進行と精算について解説していきます。

実はバカラはカジノのテーブルゲームの中で一番簡単だと言われているのです。
なのでこれを覚えればすぐにでもカジノでバカラを楽しめますよ^^


バカラのテーブルとベットエリア

バカラのテーブル

上の画像を見てください。

テーブルにはディーラー側(上側)と客側(下側)を区切るように
「PLAYER」と「BANKER」のベットエリアが配置されています。

あなた側(画像下側)から見て手前に「PLAER(プレーヤー)」、
ディーラー側(画像上側)に「BANKER(バンカー)」のベットエリアが
配置されているので、

あなた側が「PLAYER」、ディーラーが「BANKER」と勘違いしそうに
なりますが、もちろん「BANKER」にも賭けることができます。

バカラにおけるベットの種類

バカラには基本的に3種類の賭け方(ベット)があります。

  • PLAYERの勝ち
  • BANKERの勝ち
  • 引き分け(TIE)

ではこの3種類の賭け方をそれぞれ見ていきましょう。

PLAYERの勝ちに賭ける
PLAYERへのベット

BANKERの勝ちに賭ける
BANKERへのベット

バカラは「PLAYER」か「BANKER」どちらが勝つか?
に賭けるゲームだと前回説明しましたが、
もう一つ「引き分け(TIE)」という賭け方もあります。

バカラでは「PLAYER」と「BANKER」が引き分ける場合もあり、
「TIE(タイ)」と書かれているエリアが「引き分け」に賭ける場所です。

TIEに賭ける
TIEへのベット


「引き分け」について

先ほど、「引き分け」という選択肢を紹介しました。

この「引き分け」のエリアに賭けると「PLAYER」と「BANKER」が
引き分けだった場合に8倍の配当がもらえます。

つまり1ドル賭けたら賭け金含めて9ドル支払われるということです。

この”8倍”という数字に魅力を感じてしまいますが
確立的な観点から考えると「損する賭け方」と言えます。

 ⇒ このページで詳しく説明しています。

尚、「PLAYER」か「BANKER」に賭けていた場合、
「TIE(引き分け)」が出現してもカジノの総取りにはならず、
賭け金がまるまる返ってくるので、あなたが損をすることはありません。

だからバカラでは通常「BANKER」と「PLAYER」のどちらかのみに
賭けるのが普通なのです。


バカラのゲーム進行

さて、実際にベットしてみましょう。

「BANKER」が勝つか?「PLAYER」が勝つか?
腹を決めたら所定の場所にベットします。

参加者全員がベットし終えたのを見計らってディーラーは
「BANKER」と「PLAYER」にそれぞれ2枚づつカードを配ります。

後は「ヒット&スタンドチャート」に従ってディーラーが「BANKER」「PLAYER」
それぞれにカードを配ったり(ヒット)配らなかったり(スタンド)します。

後のページで「BANKER」「PLAYER」のヒット&スタンドチャートを紹介しますネ。


バカラの清算と場所代(ハウスエッジ)

勝敗の清算ですが、前にも言ったようにカードの数字の和の下一桁
が「9」に近い方が勝ちです。「9」が最も強く「0」が一番弱い
ということになります。

「PLAYER」に賭けた場合の配当は1倍です。
(1ドル賭けたら2ドル戻ってきます。)

しかし、「BANKER」に賭けて勝った場合の配当は0.95倍と、
「PLAYER」に対して5%少ない配当となります。
(1ドル賭けたら1.95ドル戻ってきます。)

先ほど「ヒット&スタンドチャート」の存在を示しましたが、
実は「PLAYER」、「BANKER」にはそれぞれ別のチャートがあるため、
それぞれが勝つ確率は若干異なるのです。

「PLAYER」よりも「BANKER」の方がわずかに有利(約5%程度)なため、
この5%分をカジノ側の利益(ハウスエッジ)として徴収されます。

この5%の徴収に「納得いかない」と思われるかもしれませんが、

仮に「BANKER」の払い戻しが1倍だとして、
ゲームに参加している客2名がそれぞれ「PLAYER」と「BANKER」
交互に賭けていたらカジノ側の利益は”0ドル”となってしまいます。

だから「BANKER」に有利な5%分をカジノが場所代として徴収する
というわけです。

そうなると「BANKER」と「PLAYER」のヒット&スタンドチャートの
中身が気になってきませんか?

覚えればゲーム中の楽しみが増えますが、実際問題あなたが
そのルールを知ったところで、ゲームの勝敗には全く関係ない。
ということをまずここでは理解して欲しいと思います。

ゲームをプレイしているのは「BANKER」と「PLAYER」ですし、
その「BANKER」「PLAYER」もあなたの意思でヒットかスタンドか
選ぶことはできません。

ディーラーも同じでしたよね。

だからあなたは「BANKER」か「PLAYER」のどちらかに
賭けるだけで、後は勝負の行方を静観するしかないのです。

ここに「バカラはテーブルゲームの中で最も簡単」の理由が
あるのです。

このページの先頭へ