ルーレットのハウスエッジを計算してみた

前回はカジノのハウスエッジについて紹介しましたが、
ハウスエッジの重要性を認識していただけましたでしょうか?

ここではさらにハウスエッジについての知識を深めてもらうため
日本人に人気の「ルーレット」を例にとって、
実際にそのハウスエッジを計算してみましょう。

ここではダブルゼロと呼ばれる、
「0」と「00」があるルーレットを例に計算を進めます。


ルーレットのハウスエッジ計算

ダブルゼロのルーレットはこのようなベットエリアになっています。

ルーレットのベットエリア

ここでは簡単にボールが落ちる番号を予想して賭ける
“Straight Up”と呼ばれる賭け方のハウスエッジを計算してみます。

 ⇒ ルーレットの配当表

ルーレットのウィール(盤)には1~36番までの数字と
「0」「00」の2つの数字を足した合計38個の数字があります。

38個の数字のどれか一つに賭ける場合、
例えば「28」が出る確率は1/38で配当は35倍となります。

あなたが「28」に1ドル賭けて当たった場合は
配当の35ドルと賭け金の1ドル足して36ドルがあなたの手元に入ってきます。

「28」以外が出る確率は37/38で、
配当の代わりに賭け金の1ドルが引かれます。

これを数式に表すと次のようになり
ハウスエッジを計算することができます。

ハウスエッジの計算


このように「勝つ確率×配当(利益)」と「負ける確率×配当(損失)」で
ハウスエッジを計算することができます。

ルーレットでは38個の数字のどれか一つに賭けた場合、
ハウスエッジは-5.26%となり、

例えば毎回100ドル賭けたとしたら、
短期的には利益を増やすことはできても
限りなくゲーム数を増やすと毎回5.26ドル損失した結果に
近づいていくということです。


ハウスエッジを”超える”方法

このようにハウスエッジによって
カジノ側が有利なようになっているのですが、

ハウスエッジはカジノが意図的にゲームのルールや配当を
操作することによって生まれています。

どういうことか簡単に説明するために、
上記のルーレットの”Straight Up”(一つの数字)を例に挙げ、
ハウスエッジが0%となる条件を考えてみましょう。

Straight Upで配当が35倍でなく37倍であればハウスエッジが0%となります。

配当変更

もしくは配当をそのままに「0」と「00」がなければ
ハウスエッジが0%となります。

ウィール変更

このようにカジノのゲームでは配当やルーレットの「0」「00」のように
必ずハウスエッジがマイナスとなる様な工夫がされているわけですね。

とはいってもカジノ側としてはの利益と運営のために、
ハウスエッジは無くてはならないものではあるのですが、

我々プレイヤーとしては
ハウスエッジを超えてなんとか勝ちを収めたいもの。

要はこのハウスエッジから逃れる術を見つければ
あなたにも勝って終わるチャンスを増やすことができるということです。

実はこのカテゴリ内でのこれまでの説明の中で、
そのヒントがいくつかあったのですがお気づきでしょうか?

もちろん確実にハウスエッジを超えられる方法ではありませんが、
初心者のあなたでも十分実践可能な簡単な内容です。

次回はそのことについて紹介することにしましょう。

このページの先頭へ