知らなきゃ赤字!カジノのハウスエッジについて

前回は還元率についての計算方法を紹介して、
出来る限り還元率の高いハウス(カジノ)を選びましょう。

というお話をしました。

還元率の高いカジノを選ぶことは正しい選択だし必要なことですが、

カジノのギャンブルにおいてあなたが有利になったわけでは
ありません。

これは真理ですのでよく覚えておいてください。

「カジノのゲームにあなたが有利なゲームはひとつもない」

もちろん数十回、数百回といった短期的なセッション(ゲーム数)
であればあなたが勝利して家に帰ることも可能です。

しかしカジノのゲームは続ければ続けるほど、
意図的に作られたルールと配当からできたハウスエッジが
じわじわとあなたの資金を食い潰していきます。

だからこそあなたがカジノで一つでも多くの「勝ち」を手にしたいなら、
まずは「ハウスエッジ」についての認識を正確に、
そして深く理解することが必要なのです。

なぜならこれらの数字をゲーム中に意識するか?しないか?で
あなたがカジノで過ごした1日の収支に大きく影響するからです。

その重要性を例えると、
飲食店の店長であるあなたが、原価率を知らずに原価割れしている
メニューをひたすら客に提供し続けているのと同じ。

このままではいつまで経ってもあなたの店は
「赤字」を垂れ流し続けます。

一刻も早く原価率(ハウスエッジ)を知らないことに気づき、
原価率(ハウスエッジ)を意識しながら料理を提供(カジノでプレイ)
する必要があるのです!


カジノの代表的なゲームとそのハウスエッジ

まずは控除率というものをイメージ的に掴んでほしいと思い、
カジノにおける代表的なゲームのハウスエッジを比較してみました。

各ゲームのハウスエッジ一覧



この棒グラフは代表的なカジノのゲームそれぞれに
毎回1,000円賭けた場合、毎回いくら損するか?
を各々のゲームの確率から算出したグラフです。

(念のためもう一度言いますが、毎回の損失ですよ。)

この「毎回いくら損するか?」という賭け金に対する割合を
「ハウスエッジ」と呼びます。

シックボー、キノというのは宝くじやスクラッチのようなゲームです。

このように聞きなれないゲーム名もたくさんあると思いますが、
まずはカジノの各ゲームのハウスエッジをイメージとして表してみました。

カジノにおけるハウスエッジとは

多くのサイトや書籍では控除率とハウスエッジを混同して説明されています。
しかもその説明は、

「あなたの賭け金の総額と損失した(負けた)金額の割合。」

と定義されていることが多いです。
前回紹介した還元率と丁度逆の意味合いですね。

「控除率」の説明としては間違いではありませんが、
カジノにおけるハウスエッジの定義とは少し異なります。

カジノのハウスエッジの定義とは、

ゲーム毎のベット(賭け金)に対する平均損失の割合。

を表しています。

もう少し噛み砕いて説明すると、

ゲーム中の資金の推移は次のグラフのように勝ち負けを繰り返しながら、

短期的にみれば資金をプラスに出来る可能性はあるものの、
ゲーム回数を限りなく増やしていくと、
毎回ハウスエッジ分だけ損した状態に限りなく近づくということです。

スイング

つまりはハウスエッジの値が大きくなるほど、
カジノ側に有利であるということです。

このハウスエッジを頭に入れてもう一度、
ゲーム毎の比較表をご覧ください。

ゲームごとのハウスエッジの大小はありますが、
すべてのゲームにおいて少なからず損失額が記載されています。

これは冒頭でも述べたように
カジノのゲームは基本的に勝てないようにできている。
ということです。

そもそもパチンコや競馬と言った日本の公営ギャンブルも
必ず控除率がプラスになるように配当や設定がされており、

ハウスエッジ(期待値)がマイナスとなり、あなたが有利となるゲームは基本的にありません。
(パチンコなどではハウスエッジがマイナスとなる台もあるが、
店全体でみたら必ずプラスとなります。)

でも私がハウスエッジの表まで作って皆さんにここで言いたいことは
「勝てないからギャンブルはやめましょう」ではなく、

ゲームによってハウスエッジの割合が大きく異なる。

ということです。


ハウスエッジの使い方

ハウスエッジが元の資金元と失った金額の割合でなく、
「平均的に損失する金額」と定義するのには理由があります。

一つはあなたがプレイするカジノゲームで
どれだけの金額を失うことになるか?
という見積もりを簡単に立てることができるからです。

一体いくらくらいの損失が見込まれるか?
という“目安”があればカジノで遊ぶために必要な資金を
幾らくらい準備すればいいのかがわかります。

そしてそれ以上にあなたにとって有益なことは、

  • 出来る限り損が少ない賭け方
  • 出来る限り損が少ないゲーム選び

ができるということです。

例えばアメリカのカジノで大人気のクラップスというゲームにおいては
賭け方(ベット)が幾つもありますが、ハウスエッジを考慮すると
そのほとんどが「損」する賭け方と言えます。

クラップス

クラップスのハウスエッジ
賭け方 ハウスエッジ
Pass/Come 1.41
Don’t pass/Don’t come 1.36
Field Bet([12]は2倍) 5.56
Field Bet([12]は3倍) 2.78
Any Claps 11.11
Big[6][8] 9.09
Hard Ways [2,2][5,5] 11.11
Hard Ways [3,3][4,4] 5.56
Place Bet 6,8 1.52
Place Bet 5,9 4.00
Place Bet 4,10 6.67
Place(to lose)4,10 3.03
Claps [2][12] 13.89
Claps [3] 11.11
Eleven 11.11
Any 7 16.67

これだけベットの種類があるにも関わらずハウスエッジのバラつきは大きく、
「Pass/Don’t Pass」に賭けることが確率的に最も最善だということです。

また日本人に人気のルーレットを例にとると、
シングルゼロとダブルゼロでハウスエッジが大きく異なります(比較表参照)。

シングルゼロとはルーレットの盤に「0」が一つ。
ダブルゼロとは「0」と「00」があるルーレットですが、

ルーレットで遊ぶなら断然シングルゼロのルーレットを
選ぶ事が確率を考慮した”賢い”選択となります。

このようにハウスエッジを知るということは、

「簡単だから」という理由だけでスロットゲームをプレイして、
無駄にお金を浪費することもないし、

それぞれのゲームにおける賭け方別のハウスエッジを知っていれば、
配当金額の「高さ」に魅力を感じて明らかに損な賭け方をして
無駄にチップを浪費させることもなくなるのです。

ハウスエッジがどのようなものか、
イメージできたでしょうか?

次回はハウスエッジについてもっと具体的にイメージできるよう、
あなたの良く知るルーレットを例にとって
ルーレットの確率と配当からハウスエッジを求めてみましょう。

掛け算だけの式なので計算が苦手と感じる方でも
簡単に求めることが出来る数字なので安心してくださいね^^

このページの先頭へ