カジノであなたが勝つために必要な確率論の説明

このカテゴリではカジノでのオッズ(確率)の話題を中心にしていこうと思います。

でもここで紹介する確率の話は学校の授業のように
「この勉強が将来何の役に立つの?」というような理論的な内容ではなく、

  • どのカジノを選ぶか?
  • 何のゲームをプレイするか?
  • 次のアクションは何が最善か?

を判断するための超実践的な話であって、
あなたに「この確率の問題を解け」というように
計算を求めることはありません。

カジノゲームも突き詰めれば複雑な計算式が必要となりますが、
そういった面倒な計算は得意な方がすでに計算してくれています。

だからあなたはその数字の意味を知り、
「大きければ損。」「小さければ得。」
という程度のことを理解できるようになれば十分だと思います。

なので学生時代の苦手意識を持たずに
「新しい知識を身に付ける」という好奇心をもって
お読みいただけたらと思います。

「そんなこと知らなくても結果は大して変わらないでしょ?」

と思われるかもしれませんね(汗)。

実際、私もカジノデビュー当時は知りもしなかったことです。

でもそのおかげでボロボロにK.O.されたことは事実。

きっと当時の私がそのことを知っていれば、
たとえ勝てなくても「ボロボロ」にはならなかったはず。

私がこれから紹介することを知れば「必ず勝てる」とは言い切りませんが、

その数字の恩恵にあずかり、
初心者当時とは比べ物にならないくらいの結果を
残せるようになった現在の私からすれば、

これらを知っているのと、知らないのとでは最終的な収支に
大きな影響を与えると断言できます。

だからあなたがカジノへ行く前に、
このカテゴリ内の記事に目を通しておいていただくことを祈ります^^


還元率、控除率、期待値

まずカジノの確率を論じる上で主に使う用語としては
「還元率」「控除率」「ハウスエッジ」「期待値」
の4つがあります。

日本の公営ギャンブルの経験がある方なら、
これらの意味をすでに知っているかもしれません。

でもこのページは「序章」なので、
何も知らないことを前提にサラッと話を進め、
詳しいお話しは次のページからすることにします。


ハウスエッジと控除率の区別

まず日本では一般的に「還元率」と「控除率」はお互い反意語として
用いられます。

還元率はその漢字の通り、

「賭け金の総額に対していくら還元されるか?」

という割合を表します。
例えば還元率が98%の賭け事であれば100ドル賭けると98ドル手元に還ってくる
ということです。

一方、控除率の一般的な定義は、

「賭け金の総額に対していくら胴元に徴収されるか?」

という割合です。
前の例でいうと2%が控除率にあたり、2ドル胴元に搾取されるということです。

また控除率と混同されがちな言葉に「ハウスエッジ」があります。
でもカジノにおける「控除率」と「ハウスエッジ」は少し意味合いが
異なります。

それにも拘わらず、
いろいろな書籍やサイトでは「控除率」と「ハウスエッジ」を
同じ意味として扱われることが多いので注意が必要です。

なのでこのサイトでは紛らわしさを排除するために、
「控除率」の使用をできる限り控え、「還元率」で言い表すこととします。


ハウスエッジと期待値の関係

「ハウスエッジ」という単語が出てきたので、
ついでに「期待値」の説明をしてしまいましょう。

「期待値」はイコール「ハウスエッジ」と覚えていただいて結構です。

何度も言いますが、控除率とは全く別物ですよ!

意味自体も、

「ゲーム毎の賭け金に対して、戻ってくる見込みの金額」

と理解していただきたいと思います。

そしてこのサイトでは「期待値」という単語よりも、
「ハウスエッジ」という単語を多用していきたいと思っています。

つまり、このサイトをご覧いただく上で必要な専門用語は、

「還元率」、「ハウスエッジ(期待値)」

の2つだけに絞るということです。

冒頭でも述べたように、
このサイトをご覧になる上でややこしい計算は必要ありません。

それでは早速次のページから、
還元率の詳しい説明とその使い方を紹介していきましょう。

このページの先頭へ