ブラックジャック|ルールによって勝率が変わる!?

ブラックジャックはカジノゲームの中でもハウスエッジが低く、
戦略なしで普通にプレイしてもハウスエッジが約2%となっていて
とても勝ちやすい人気ゲームの一つです。

また基本戦略(ベーシックストラテジー)を使えば
ハウスエッジはわずかに0.5%未満になります。

ただしこのハウスエッジは世界中のどこのブラックジャックでも
当てはまるというわけではなく、
Deck数やルールに大きく依存する値なのです。


ルールによるハウスエッジの違い

まず「基準」とするルールを紹介します。

  • 8Deck
  • ディーラーはソフト17でスタンド
  • 任意の数でのダブルダウン可
  • スプリット後のダブルダウン可
  • 計4ハンドまで再スプリット可
  • エースの再スプリット不可
  • スプリット後のエースへのヒット不可
  • サレンダーなし
  • ナチュラル21は1.5倍の配当

これらのルールでは基本戦略(BS)を使うことにより、
0.43%のハウスエッジとなります。

それではブラックジャックの勝率を変える細かいルールと
その影響を紹介していきましょう。

ちなみにハウスエッジが「-」の場合はあなたに有利。
「+」の場合はあなたに不利に働くという意味です。

ルールによるハウスエッジへの影響
ルール ハウスエッジ[%]
アーリーサレンダー -0.24
任意の数でダブルダウン -0.23
2Deck -0.19
スプリット後のエースへのヒット可 -0.19
エースの再スプリット -0.08
レイトサレンダー -0.08
4Deck -0.06
5Deck -0.03
6Deck -0.02
スプリットは計3ハンドまで +0.01
9~11に限りダブルダウン可能 +0.09
スプリットは計2ハンドまで +0.10
スプリット後のダブルダウン不可 +0.14
10、11に限りダブルダウン可能 +0.18
ディーラーはソフト17でヒット +0.22
ナチュラル21は7-5(1.4倍) +0.45
ナチュラル21は6-5(1.2倍) +1.39
ナチュラル21は1-1(1.0倍) +2.27
引用元: The Wizard of Odds

特に注意が必要なルール

最近は数年前から中華系の客向けに一部のカジノで
伝統的なナチュラル21の配当「3 to 2」(1.5倍)を
変更して「6 to 5」(1.2倍)に変更しています。

また「ディーラーのソフト17はスタンド」を
「ヒット」に変更しているカジノもぼちぼち見られます。

このように世界中のカジノでブラックジャックのルールが
タイトになりつつあり、結果として我々のバンクロール(資金)が
傷つくように変化しています。

とはいってもまだまだルール改編されていなカジノも
多いのでブラックジャックを楽しみ続けましょう!



ナチュラル21の配当が3to2のカジノはココ

このページの先頭へ