ポーカープロに学ぶバンクロール(資金)管理術

他のカテゴリでシステムベットをイロイロ紹介しましたが、
短期的には効果があるように見えてもハウスエッジがある限り
長期的にみると我々の資金は結局カジノ側に回収されてしまいます。

 ⇒ システムベット

 ⇒ ハウスエッジとは?

さらにカジノではじゃんけんやサイコロといった身近な
勝負事の感覚では起こりにくいと思われるような、
8連敗、9連敗などはざらです。

平気で「赤」が9回連続出ますし、逆に連勝が続くこともある。

だからカジノで勝つには、資金を増やすためには、
そういった運の振れ幅を見極める必要があるわけです。

でも定量的に量れないのが運の振れ幅(スイング)。
それをバンクロール(資金)を管理することで積極的に
コントロールするのがバンクロール管理というものです。

運の振れ幅(スイング)が自分の資金を超えないように。
たとえ20連敗しても底を尽かないような資金管理が
必要だということです。

負けが続いても、浮き沈みが激しくても
セオリー通りにプレイする。

そしてバンクロールを管理する。

やってみると地道で盛り上がりに欠けますが、
意外と資金は膨らんでいくものです^^

ポーカープロはまさにこの典型。
この資金管理を徹底的に行うことで資金を増やし、
資金の大きさにより徐々にプレイするベット額を上げていきます。

あるポーカープロを例にとると、
資金$0から$10,000まで増やしたそうです。
その期間なんと18ヶ月。

ポーカーにはフリーロール(優勝したら賞金がもらえる大会)
というものがあり入賞者には賞金がでます。

そこで得た資金を元手に次のような資金管理を行っていました。

  • バンクロール(資金)の5%以上は使わない。
    5%以内の資金で「勝負」する。
  • 勝ち金がバンクロール(資金)の10%以上になったら
    その日のゲームは終了する。

実際はもっと細かいのですが、ポーカーのルールをカジノに
当てはめるのが難しいので分かりやすく簡単に説明しました。

でも言いたいことはお分かりになったと思います。

ポーカーは実力の世界。カジノとは違う畑ですが、
この考え方はとても参考になるので紹介しました。

まずはハウスエッジというものを真摯に受止めて
上記の例のようにバンクロール管理をきっちり行ってみてください。

  • ハウス選びとしてはハウスエッジの少ないカジノを選ぶ。
    ハウスエッジの小さいゲームをプレイする。
  • オンラインカジノなんかの無料プレイで
    それぞれのゲームのセオリーを習得しシステムベットをテスト。
  • あなたのカジノ資金を元にバンクロール管理のルールを決める。

私も上記の点を抑えるだけでマイナス収支で終わる日が激減しました。

これからランドカジノへ出掛ける方、オンラインカジノを始めるという方。

今現在の資金をもとに継続的にプレイできるようなバンクロールの
管理術を見つけて長くカジノを楽しみましょう^^

バンクロール管理の練習にうってつけのカジノ

このページの先頭へ